ははごころ指圧治療院

HOME
ははごころ指圧治療院について
ヒーリングとは
料金
患者さんの声
院長日記
見えない世界とおつきあい
リンク
プライバシーポリシー
サイトマップ
東京都武蔵野市
JR武蔵境駅より徒歩10分
0422-31-1280
<予約制>
ご予約・お問合せ
アクセス・地図
文章の無断転記はお断りします。
見えない世界とおつきあい
« 2010年04月 | メイン | 2010年08月 »

2010年06月 アーカイブ

2010年06月25日

三途の川♪

群馬県の超能力者のところへ、せっせと修行に通った時期がありました。
2階の瞑想室で数時間一人で瞑想していました。
(もう終わっていいかなあ)
窓の外は真っ暗で、1階からは夕食がはじまったようなにおいがしました。
階段を下りて居間に入ると、
先生「お、ちょっとこれ飲みなさい」
とグラスに入った水(に見えた)をすすめてくださいました。

私「はい」と、のどが渇いていたのでぐびぐびと飲み干しました。

数分後呼吸困難でのたうちまわることになりました。
水ではなく、味を消したお酒だったのです。
私はお酒は一口でできあがるくらい弱いので、たぶんあれは急性アルコール中毒症状だったと思います。味は消したけど、成分は変えなかったらしい・・・あの超能力者は成分を変える能力はなかったのか、わざと変えなかったのか!!

とにかく30分ほど床をころげまわり苦しみました。
他の修行者の上着をつかみ必死で起き上がろうとしたら、つかんだ手を振りほどかれてしまいました。「しわになる」と言われた気がしました。

先生「どうだ、三途の川みえるか?」

私「ぜーっごほっみ、みえ、ない、はーっはーっぐわっ」

しばらく先生も傍観してましたが、心霊治療というやつで発作をとめてくれました。
先生の奥様が熱いお味噌汁を飲ませてくださいました。
だんだんと意識がはっきりともどり、夕食をおいしくいただきました。
で、あれは何の修行だったのでしょう?

2年ほど通ったのですが、先生とのご縁が終わってもう連絡はできなくなりました。