ははごころ指圧治療院

HOME
ははごころ指圧治療院について
ヒーリングとは
料金
患者さんの声
院長日記
見えない世界とおつきあい
リンク
プライバシーポリシー
サイトマップ
東京都武蔵野市
JR武蔵境駅より徒歩10分
0422-31-1280
<予約制>
ご予約・お問合せ
アクセス・地図
文章の無断転記はお断りします。
院長日記・NEWS
« 2017年02月 | メイン | 2017年04月 »

2017年03月 アーカイブ

2017年03月25日

何か書かなきゃ

ブログになんでも良いから書かなきゃ!
と…
去年の11月から両親の介護で茨城県で生活しています。
この機会をいただいて、患者さん方にはとても感謝しております。
おかげさまで、介護生活も起動にのり、
両親も安心したようで笑顔も増えました。

昼間の数時間は、鹿島神宮駅の前にあるアパートを借りて、
そこで遠隔ヒーリングの仕事をさせていただいてます。
昼間は介護士さんが巡回して安否確認と父の体のケアをしてくれるので、
私も外出できます。

借りたアパートは、鹿島神宮の森の一部のような、心地よい空間です。
窓の外は森です。
仕事してシャワー浴びて家族の夕飯と次の日の昼ごはんをつくり、
実家に夕方戻ります。

昨日の夕飯は、たまごときのこの中華風なおかず、しめさば売ってたやつ、塩昆布をいれた炊き込みご飯、デザートに冷凍のブルーベリーとアイスクリームでした。

白いご飯は父が嫌がるようになりました。
『お供えされているように感じる』
仏壇にお供えするご飯にみえて、
もうすぐ命が終わる感じの父としては、
いや~な気分になるそうです。
ナイーブなおじいちゃんです。

アーカイブ