ははごころ指圧治療院

HOME
ははごころ指圧治療院について
ヒーリングとは
料金
患者さんの声
院長日記
見えない世界とおつきあい
リンク
プライバシーポリシー
サイトマップ
東京都武蔵野市
JR武蔵境駅より徒歩10分
0422-31-1280
<予約制>
ご予約・お問合せ
アクセス・地図
文章の無断転記はお断りします。
院長日記・NEWS
« どんぐりころころ | メイン | 薬物依存 »

親として

母は、会うたびに『そのシミはどうしたの?』と顔を指差すのです。
『ファンデーションと口紅だけは塗りなさい!』と、
お化粧すると皮膚呼吸ができない感じで、息苦しくてきらいな私を指差すのです。
以前は月に1〜2回会うだけだったから、スルーできたのですが、
いま毎日会うので、そしてそのたびに言われるとキレてしまい、
『ほっといて!2度と言わないで!』

次の日封書に入った手紙を渡されました。
『年取ってシミだらけの黒いかおになってしまうのは、親としてとても耐えられません。
どうかお化粧をしてください。』
という内容が便箋三枚に書かれていました。


母も高齢で、生きているうちにこれだけは、この子に言い聞かせなければと、
必死なのが伝わりました。

その日から私はファンデーションと口紅をつけています。
まだ1週間ですが、母はとてもほっとしたようで、
満足そうに私をながめています。

参りました、母上。

アーカイブ