ははごころ指圧治療院

HOME
ははごころ指圧治療院について
ヒーリングとは
料金
患者さんの声
院長日記
見えない世界とおつきあい
リンク
プライバシーポリシー
サイトマップ
東京都武蔵野市
JR武蔵境駅より徒歩10分
0422-31-1280
<予約制>
ご予約・お問合せ
アクセス・地図
文章の無断転記はお断りします。
院長日記・NEWS
« 2012年05月 | メイン | 2012年07月 »

2012年06月 アーカイブ

2012年06月04日

飛龍パワー♪

6月3日もヒーリングを楽しむ会にご参加ありがとうございました。

地球のへその緒としっかりつないで、安心していただきました。熊野古道パワーや那智の滝パワーも受け止めてくださいました。


熊野古道

2012060109290000.jpg


なぎの御神木、日本一の大きさだそうです。

2012060110110000.jpg

那智の滝です。飛龍パワー、感動でした!!

2012060112570000.jpg

2012年06月06日

二重に虹♪

photo.jpg

ニューヨークのYUKIちゃんから写メールをいただきました。
『虹の写真は今日の夕方、突然の雷、土砂降り、なのに晴れているという、キツネの嫁入りのような通り雨が降った直後に、キレイな虹が出ていました。ちょうど家にいたのですが、窓の外の様子がコロコロ変わり、まるでお天気ショーのようでした。』

先日の金環日食のときのメガネ、みなさんお持ちでしたら、ぜひお日様との交流にこれからも使うと楽しいですよ。
友達と外で散歩しているときに、
友達『さあ、お日様にお昼のごあいさつ♪』といそいそとメガネをとりだして、太陽と交流していました。私もまねしようと思いました。

空を見上げるのは大好きです。
毎日気持ち良い幸せを味わいながら空と交流しています。

2012年06月11日

グループヒーリングとお食事会(5月)の感想

東中野のフランス家庭料理のお店「それいゆ」さんで、とっても楽しく美味しいグループヒーリング会ができました。シェフの陽子さんや参加の皆様ありがとうございました。希望者が多いので、別のメンバーで7月26日(木)にまた同じお食事ヒーリングをすることになりました。もしご希望の方がいらしたらご連絡くださいね(あと1~2人くらい大丈夫です)

(いただいた感想メールです。)

帰ってきてもまだ、お腹が喜んでいます。これからは、喋るための口ではなく、食べるための口にしていきたいと思いました。でもやっぱり楽しいとつい喋りすぎてしまうので、私も大城先生のようにいつかパイナップルを無心にちぎれるように鍛錬したいです。たくさん楽しい準備もしてくださり、本当に感謝します。皆さんにもどうぞよろしくお伝えくださいね。またもや初めて会った気がしない人たちばかりで、楽しかったです。


私は、あの食事会で素敵な出会い、美味しい食事で終了時はテンションMAXでした。
その翌日も快調(快便)で、またあたらしい出会いがあり、食事会でめちゃパワーアップしたみたいです。
本当にありがとうございました。大城先生に感謝します。食事会に参加できラッキーでした。


あれから、やっぱり変わりました!頭のどこかに味わって飲み込む意識があります。今までテレビを観ながらの食事か多く、ホントにもったいない事してました。あと、23時までに就寝!やってます。1日元気に過ごせます。楽しいです。何もかも、ありがとうございました。


今日はありがとうございました。ゆっく食事できて本当に幸せでした。これからは、味わって食事します。お店のシェフの方…(名前が出てこない!)素敵ですね~。プロフェッショナルですね。あの波動に憧れてしまいます。


先ほどは、ありがとうございます
。変なテンションでお恥ずかしいかぎりです。めちゃくちゃおいしい食事に、あのお店に陽子さん(シェフ)。
それにMIさん、話しをしていて語りかけ?というか話しの問いとか間とかん?!っと感じたのですが、やはりって方でしたね
幸せをタップリ感じました。


とても楽しかったです。
胃腸に意識を置いたせいか、普段は便秘気味なのに
昨日今日とお通じも良いです。
また、何かありましたら是非参加したいです。
どうもありがとうございました。

2012年06月19日

ごあいさつ♪

自分を愛するということと、宇宙を愛するということは同じですよね。
自分を信頼して大切にしていることと、みんなを大切にすることと、これも同じ♪
Mさんからメールをいただきました。


『今日電車に乗っていたら、少し障害があるらしい青年が乗ってきて、周りにいる乗客の一人ひとりに目を見ながらきちんと、こんにちは!って挨拶を始めて、相手がこんにちはって言うまで挨拶していました。
乗客のみんな、最初は?でしたが、すぐにみんなニッコリしながらこんにちは!って挨拶して、それがとても自然でした。
きっとこの青年は、人に会ったら挨拶するのが当たり前の交流で、そんなピュアなエネルギーにみんなも影響されて、当たり前のように笑って挨拶が伝染していったように感じました。
ようするに、自分が自分を愛すれば人も自分を愛してくれるというのは、こういうことだよなって感じられて、また私はウルウル泣いてしまいました( ; ; )あの青年に会えてよかったです。』

2012年06月24日

サボテンの花が咲きました

2012062214400000.jpg

CHIさんからいただいたサボテンのお花、咲いてくれました。
一日きれいに咲いたら、もうおしまい、惜しまれながらしぼんでしまいました。

2012年06月27日

愚痴をいえないとき

 愚痴を言いたいけど、言えそうな相手がいないときは、自分にメールや手紙を書いてみるといいですよ。お約束は、「自分にうそをつかないこと」・・文章にすると意外と汚い言葉がでてきて幻滅したりしますが、気にしないで本音を吐きだしていきましょう♪
あとはメールを削除したり、手紙なら破り捨てると、すっきりさわやかです。

そして、あんまり愚痴がたまると、大切な人を傷つけたくなることもあります。
介護している親だったり、
かわいい赤ちゃんだったり、
そんなときは4次元を使います。
イメージのなかで、いじめると楽になり、相手へのダメージはありません。

つらい思いのエネルギーが体から出ていくので、セルフヒーリングになります。
けして3次元で実際に行動しないでくださいね。

どうしてもつらければ、私にメールをくれても大丈夫です。返信は「大丈夫だよ~」くらいですけど、よかったら愚痴メールしてください♪  どなたでもどうぞ♪


南アフリカで鍼灸治療をしていた日本人の植田智加子さんは、異国でシングルマザーになり、子育てに奮闘していたとき、子どもを抱いた開業医と出会ったそうです。

『初対面なのになんでも話せるような気やすさを感じて、
私は、「自分が寝不足のときに子どもに起こされてなかなか泣きやまないと、とても平常心ではいられない」というようなことを、実際より少し控え目に話した。

医者は人懐っこい笑顔でこう言った。
「私は頭の中で何度泣きやまないこの子をつかみ上げて壁に投げつけたかわかりませんよ。朝になって子どものかわいい寝顔を見ると、実際にやらなくてよかったと思いますね」

この話を聞いてからは、泣き叫ぶ息子をたたいてやりたいと感じても自分が異常なのではないかなどとは悩まなくなった。

そしておそらく悩まなくなったことで、精神も安定を取り戻したのだろう。

子供をたたきたいなどとはまるで思わないようになった。』

(海鳴社「南アフリカらしい時間」植田智加子著)