ははごころ指圧治療院

HOME
ははごころ指圧治療院について
ヒーリングとは
料金
患者さんの声
院長日記
見えない世界とおつきあい
リンク
プライバシーポリシー
サイトマップ
東京都武蔵野市
JR武蔵境駅より徒歩10分
0422-31-1280
<予約制>
ご予約・お問合せ
アクセス・地図
文章の無断転記はお断りします。
院長日記・NEWS
« 2011年01月 | メイン | 2011年03月 »

2011年02月 アーカイブ

2011年02月11日

富士山パワーで、バージョンアーップ!!

2011020411560000.jpg

2011020409520000.jpg

富士吉田市からの富士山と、北口本宮浅間神社の御神木の写真です。

先日(2月6日)も、ヒーリングを楽しむ会にご参加ありがとうございました。
10日くらい前からテーマが来ていました。

「みんなでバージョンアーップ!!」

というテーマ・・・いいかも♪と楽しみにしていました。
ところが!
当日朝治療院には、みなさんからの愚痴や不満が聞いて聞いて♪と押し寄せてきました。
「もうやだあ!」みたいな感じで、よーく聞いてみると、
子供が学校から帰り、お母さんに「となりのたっくんが僕の消しゴムとったんだよ」
というような、ちょっとしたことのようでしたので、夜また話してねといったん解散してもらいました。
お米一粒くらいのことが、自分のなかでふくらんで、いつのまにかお米100キロくらいに感じることってありますよね、きっとみんな疲れてるんだわ・・・

夜9時くらいから、宇宙の鐘が響き渡るのが聞こえました。
ヨーロッパの教会の塔から、鐘で曲が鳴らされ、町に響き渡る、そんな雰囲気で気持ちよさを感じながら、仕事をしていました。

BGMに、金子みすずさんの詩に曲をつけたCDをながしました。
「みんなちがって、みんないい」
「見えないけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ」♪
すべての存在を慈しむ詩にぴったりのちひろさんの声が素敵でした。

ヒーリングをスタートして少ししたら、
「なんてことなかったんだなー」
「そんなに深刻に考えることじゃなかったな~」
参加のみなさんが安心してほーっとしていくのがわかりました。

生きている気持ち良さを味わい、
「うん、できそう♪」
「楽しくなってきた」
とご機嫌うるわしくなり、一人ひとりが大スターのように、きらきらと発光していき、全体が光のドームのようなビジョンになりました。

しっかりと地球に根をおろし、天に自由に枝葉を伸ばしていくみなさんの姿、
うっとりしました。

終了後、良い気持ちで
お祝いしたくなり、沖縄料理屋さんに行き、一人で祝杯をあげました。
おいしかった~、幸せです♪
ありがとうございます!!

2011年02月16日

去年自費出版した本について

去年出版した本、ご愛読ありがとうございます。
(「ヒーリング健康法! 見えない世界とのつきあいかた」文芸社 吉村恵美(大城ペンネーム))

その本は、毎週遠隔で、全国にある千冊の浄化とパワーアップヒーリングをしています。
みなさんのお守りとしても役にたつように工夫してます。
ときどきぱらぱらめくるだけでも、ヒーリングになりますよ。
疲れたな~と思ったら、ぱらぱらしてください♪

また4月17日(日)に「ヒーリング健康法教室」を開催します。
グループヒーリングしながら、呼吸法や解剖学、体操、瞑想、セルフヒーリングの方法などをお伝えします。
健康に役立ててください。
(会費五千円、定員10名)
場所は、治療院の近く、JR武蔵境駅南口 徒歩4分 のダンススタジオをお借りします。(木下ダンスワールド)
詳しく決まりましたらまたお知らせしますね。
よかったらご参加ください。

2011年02月22日

本の感想「ヒーリング健康法 見えない世界とのつきあいかた」

去年自費出版した本の読者さんが、アマゾンのカスタマーレビューに書き込みを入れてくださいました。文章をコピーさせていただきます。


『良著だったなと久しぶりにレビューを書き込もうと思い立ち、本棚からとりだして付箋がいくつも貼られた本書をめくると・・


一昨日読んだばかりなのに、著者のメッセージがすでに私の体感、無自覚な体の声となっていることに気付き、びっくりしました。

なんか、昨日、不思議な感じだったのです。ありえないほどタイムリーに、進むべき方向だったとあとで解った方向へは唐突に背中を押され、違和感があったとあとで解った道は唐突にパタリと閉ざされ。あるべき道だけ残ってゆく。そして、なんていうか、自分が、確かに、ある。

過去、現在、未来、における自分のありかたを、自分で選ぶ、感覚。重心にある、バランスよい、少なくともバランス良くあろうとする、感覚。

いましがた本書を開いて、この、なんだか解らないけどこれまでと違う(そしておそらく、いい感じに進みそうな)自分の、、、見えない手がかりが、本書の中に書かれていたものだったと、認識しました。


いや~、レビュー書くために「なんだったけな」と中身みて、「あれ?! この本だったかぁ・・」って驚いてる。
ひとつひとつは、書かれていたと意識しないほどなのに、ひとつひとつが、しっかり体に残っている。

それって上質じゃないですか?

どこかに引っ張ろうとか、ここを押し出そうとか、そういう、邪念のない本なんだと思いました。邪念のない著者なんでしょうねー。
著者のヒーリングもきっと「なんだか解らないけど効いた☆」みたいな感じかなと、うっとりと想像しました。

「見えない世界」は恐ろしい、というイメージでしたが、読んでみたら、案外、現世の「見える世界」と変わらないんだなあ、という感想。
だとすると、見える世界と同じ、私は平凡な感覚と現実に生きて、ちょっとした偶然や思いがけない流れの良さに見えない世界を感じ楽しむくらいがちょうどいい。ハードな部分はこうしたプロにお任せし「なんだか解らないけど、お願い!」でいいなぁ、と。


著者の、ハードな部分を引き受け続けているゆえであろう強さ優しさ穏やかさが、滲み出ている本でした。』

はじめまして「いな」さん、ありがとう♪
しっかり魂で本のメッセージを受け取ってくれましたね。
うれしいです。