ははごころ指圧治療院

HOME
ははごころ指圧治療院について
ヒーリングとは
料金
患者さんの声
院長日記
見えない世界とおつきあい
リンク
プライバシーポリシー
サイトマップ
東京都武蔵野市
JR武蔵境駅より徒歩10分
0422-31-1280
<予約制>
ご予約・お問合せ
アクセス・地図
文章の無断転記はお断りします。
院長日記・NEWS
« 2007年09月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月 アーカイブ

2007年10月04日

リンク先追加しました「ピアニシモ」

Pianissimo・・・ピアニシモ、私と同じヒーリングサロンに勤めていたヒーラーのサロンです。
元占い師でもあり、リーディングでの的確なアドバイスと思わず熟睡のアロマセラピーやヒーリングを提供してくれます。JR荻窪駅北口から少し北の方にあります。親身になって元気になるお手伝いをしてくれます。とってもフレンドリー♪な、菊山ひじりさん、ひじりんの紹介でした。

2007年10月07日

沖縄の日の出です♪

HIMG0022.JPG

チャリティーアチューメントのお知らせ

「愛」の回路を開くアチューメントです。愛のキャパシティーが広がり、人間関係が楽になります。
(ヒーリングを受けるだけでも少しずつキャパシティーは広がりますが、アチューメントはいっきに広がります)

アチューメントを受けた方の体験談です。50代の女性三人で、イタリア料理店に入りました。
案内されたのは、隅の壁に囲まれた視界の悪い席でした。お店はがらがらでした。
「いままでなら、よくあるのよね。おばさんたちは優遇されないとぶつぶつ言いながら食事するところだったけど、こんどは違ったわ。『窓際の景色の良い席に移りたいのですが』とウエイターさんに言って、変えてもらったの。それも腹が立つでもなく、たんたんと『あなたはあなたの考え、私は私の考え』と礼はつくすけど、自分が気持ちの良い方を選んで、気持ち良く楽しく食事ができた。このところそんなふうに、気持ち良く自分をだせるようになって嬉しい、強くもなれたみたい。」

受ける方により、反応はさまざまですが、いただいたコメントは次のようなものです。
地球に立っている感じが強くなった
気持ち良くさっぱりした
自分が大きくなった感じがする
自分を愛せるようになった気がする

施術内容 前半指圧ヒーリングで、エネルギーの流れを良くし、
       後半アチューメントして、エネルギーヒーリングで整えていきます。
施術時間 60分
料金  1万円
受付期間 平成19年10月8日~12月20日

いただいた施術料金は、全額寄付されます。治療院のそばの児童養護施設「のぞみの家」です。(事情により親と暮らせない2才から18才までの50人の子供が暮らしています)

ご希望の方は大城までお問い合わせください。よろしくお願いします。

2007年10月09日

アチューメントってな、なに?

アチューメントとは、ある種の能力が使えるように、回路を開いていくことです。
具体的には、施術者が患者さんの頭頂部から必要なエネルギーを入れていくことで、患者さんが本当は持っているのですが、いままで使えずにいた能力が使えるようになります。
また同時に、施術者の能力も転写(コピー)されます。
大城の特徴は、愛のキャパがやたらと大きいことなので、それを生かしたアチューメントです。

宇宙エネルギーが、たくさんの人や動物や植物に別れて、それぞれの人生を地球で楽しんでいます。
だれでも宇宙規模の愛を持っています。
しかし、肉体の制約、観念や常識、過去の経験などからそれを表現できずにいます。
でも、表現しやすい日本の今の時代を選んで生まれてきたのだから、ださなきゃもったいないです。
そのお手伝いになると思います。

アチューメントの相場は、最低5万円ですので、とてもお得な企画ですよ♪
ぜひぜひご参加ください。

宇宙規模の愛・・・頭ではわかってるのよね・・・という方へ
頭でなく体でわかることで、使えるようになります。
体で気持ち良いと感じたことは、疑いようもないのと同じです。

患者さん「ア・・チ・・ユ・・?なんなんですか?」
大城「アチューメントです。頭からエネルギーをですね・・・」
患者さん「説明を聞くほどわからないんですけど」
大城「すみません。ホームページに説明を載せます。」
患者さん「そうしてください。」

EMIちゃん、これでわかってくれる?だめ?

2007年10月16日

一本足下駄 お散歩デビュー

ついに一本歯下駄で、治療院の近所を散歩してきました。
お散歩日和の、気持ち良い風がふいてなんとも幸せでした。
から・・・ころ・・・から・・・ころ・・・
歩きはじめたミーちゃんといった足取りです。
すぐ近所のおじさんが、下駄の音につられて、ステテコででてきました。

おじさん「ころばないでね。」
おおしろ「はーい!」
おじさん「ころんだら、おれが指圧してやろうね。」
おおしろ「はーい、ありがとうございます~」

この下駄をはいたまま、立ち止まっておじぎするのは、なかなか上級編ですが、
なんとかこなし、「では、行ってきます」と散歩を続けました。
から・・・ころ・・・から・・・ころ
なんとな~く人の視線を気にしながら、近所を一周し、無事帰りました。
12センチ背が高くなるだけで、こんなに見える世界がちがうんだ~と
とっても気分がよかったです。ふふふふ。

近所のおくさんが、治療院でこの下駄をみて、
「私も買う!」と四国から取り寄せて、
「意外と歩けるわね、腹筋に力がはいるね。台所仕事のとき履くことにしたわ。お味噌汁も運べた!」
それはすごいと思いました。