ははごころ指圧治療院

HOME
ははごころ指圧治療院について
ヒーリングとは
料金
患者さんの声
院長日記
見えない世界とおつきあい
リンク
プライバシーポリシー
サイトマップ
東京都武蔵野市
JR武蔵境駅より徒歩10分
0422-31-1280
<予約制>
ご予約・お問合せ
アクセス・地図
文章の無断転記はお断りします。
院長日記・NEWS
« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月 アーカイブ

2007年01月04日

新年あけましておめでとうございます

皆様にとって、楽しい一年でありますように。
今年もよろしくお願い申し上げます。

今日は空に生命エネルギーが、大量、高密度で踊っていました。
いつもの何倍もの密度で、びっくりしました。
起こることに意味はないと教わりましたが、意味をつけたくなりました。
「今年のお正月は、幸せに過ごしている人が、とても多くて、日本全体のエネルギーが活性した」にちがいない、わーい!嬉しい!!

2007年01月09日

初日の出

今年の初日の出は、美しかったです。
茨城県の鹿島灘の海で見ました。
とても波が荒くて、テトラポットの上に登ってみたものの、ザバーンっとしぶきがくるので、81才の父と私はあきらめて、退散し、砂浜に降り立ち、振り返った時、出たのです。
水平線から、真っ赤な太陽が登場しました。
丸い全体まで見えてきたら、周りの人たちが歓声をあげて喜んでいました。

「まいうー!」つい声にでてしまいました。太陽の上部に、黒い横線のような短い雲が一本かかっていて、トマトに見えたから、つい。

2007年01月11日

地球と握手♪

グラウンディングって、地球と握手すること。

2メートルもない私が、直径13000キロメートルもある巨大な丸い磁石にくっついて、生かされている。
自分を引っ張っている、地球と言う磁石のエネルギーを感じる感じる感じる・・・
ぶおおおおおう(いらないエネルギーが抜けていく感覚です)
自分を引っ張っている、地球の中心の一番高温高圧のエネルギーを感じる感じる感じる・・・
ぶひゃああああ(さらにいらないエネルギーが抜けていきます)

地球はいつも私のエネルギーをつかんでいてくれます。
地球からこぼれてしまわないように。
地球にしっかり立っていられるように。
地球の上で、安全に自由に動ける強さで。

生まれてからずっとわからないように、私と握手し続けてくれている。
絶大なるサポート。
私も地球と握手、ぎゅーっと握り返す。
ふわーっ、あったかーい!あつーい!気持ち良い――
握り返したら、エネルギーが交流してすごーい!

グラウンディングって、地球の握手を握り返し続けること。

2007年01月15日

おいてけぼり

施術のとき、確認することがあります。その一つは、その方固有の波動がバイブレーションしているかどうかです。つまり、その方らしく生きているか、自分を見失っていないかを確認します。問題があれば、エネルギーを調整していきます。

「疲れて疲れて、ストレスもすごくて・・・」という方が、おみえになりました。
エネルギーを整えた後、少しお話ししようと思いました。

大城「自分をおいてけぼりにしてますよ」

Aさん「そ、そうなんですよー。自分より、人が楽しんでるか、喜んでるか、気になって、自分らしく歌えないんです。苦しいんです。不安だし。」

Aさんのカルテの職業欄に[歌手]とあります。
 
大城「自分が楽しいと、その波動が伝わって、お客様も楽しくなるんですよ!まず自分が楽しまなきゃ。」

Aさん「そうなんですけど・・・バックのバンドの人達にも気をとられちゃって」

大城「テレビで森久美さんが、言ってましたよ。観客席を盛り上げよう、楽しませようと、しゃかりきになってた時は、うまくいかなかったけど、『自分が舞台を楽しもう!』と決めたら、うまくいって、喝采をあびるようになったって」

二週間ほどして、またAさんがいらっしゃいました。
晴れやかな明るい顔で、

Aさん「気持ち良く、自分らしく歌えるようになりました。拍手もたくさんもらえました!」
と嬉しそうにおっしゃいました。私も嬉しくなって、握手して喜び合いました。

2007年01月16日

患者さんの声追加されました「ひきこもりから脱出できました(遠隔治療)」

遠隔治療は、特殊な事情のある方にしています。
ヒーリングは、エネルギー体の交流だから、時間や場所は関係ありません。
三次元にしばられることなく、遠隔で、受ける事も出来ます。

ヒーリングって、こんなこともできるんだなと、知っていただけたらと思います。

2007年01月22日

パカポコパカポコ

治療室の窓側は、歩道があり、その向こうは、コミュニティー通りという道路です。

窓は、縦長のブラインドが下がっていて、昼間は少し日が入るくらいあけてあります。一日いろいろな風景が見えます。子供たちの下校の声、自動車やバス、犬の散歩、近所の奥様たちの立ち話、いろいろな音が聞こえます。BGMのような感じです。
午後の日差しのなか、施術していました。なんとなく、外の音に気をとられました。
きゃっきゃきゃっきゃ、ぶーっ、わんわん、けらけら、がちゃがちゃ・・・・パカポコパカポコ
(!!パカポコ??) 
窓のブラインドの向こうの、歩道のジャスミンの垣根の向こうに・・・・
お馬さんが立ち止まっていました。お馬さんと目が合いました。
「う、うまです」思わず患者さんに言いました。
患者さん「へーめずらしいわね。獣医大が近いからね。」
馬はまたパカポコパカポコ立ち去りました。誰かが綱を引いてるはずなのに、よく見えませんでした。去年の春、ジャスミンの花の良い香りもしていたころの話です。


2007年01月26日

子供が2人、3人・・・そして8人

治療院の玄関は、細い道に面していて、いろいろな人が立ち寄ったりします。道を聞く人、世間話に来る人、散歩のついでに予約しに来る人。

午後2時頃、下校途中の子供が二人、「トイレを貸してください」と玄関をあけました。「どうぞ」というと、二人でトイレにはいって、きゃーきゃーはしゃいでいます。トイレの中が遊園地のようににぎやかでした。小学一年と二年の姉妹とのことです。

 次の日は友達をつれて、三人でトイレにきました。施術中だったので、「静かにはいるならいいよ」と言いました。今度は一人ずつ静かに入り帰りました。
 一週間後、また前回の三人の女の子と、追いかけてきた、二人の男の子が入ってきました。
大城(あやしい・・・)
女の子がトイレに入ると、男の子たちが騒ぎ始めました。「ここ変なにおいがする」
大城「オーラソーマのにおいだよ。」
一人の男の子が、防犯ブザーのひもをひっぱり、びーーーーー!!!
もう一人の男の子が、「はーはーごーこーろ~♪」と歌い、もう大騒ぎです。

 やっとそこで気がつきました。毎日下校の子供たちが通るのをみて、
(かわいいな。お話したいな。)と私は思っていました。自分の念で呼んでしまった!
自分に言い聞かせました(仕事場なんだから、仕事に支障がでることは望まないのよ)

 その一週間後、前回の子供達五人と、お母さんらしき大人が三人、お詫びにきてくれました。リーダー格の女の子が、腰を90度に折って、「ごめんなさい」と30秒くらい、じっとしていました。楽しそうな波動で。

それから子供はこなくなりました。

そういえば、私も子供の時は、知らないアパートなんかに探検に入り、怒られてました。

2007年01月31日

好きなメールマガジン

幸せ波動がもらえて、楽しみにしているメルマガがあります。毎日無料で配信してくれます。「センスを磨き、幸せを呼ぶ~夢の言の葉~」山下景子さんの文章です。読むと心がほんわかあたたまります。
「夢の言の葉」で、検索してみてください。